FC2ブログ

前向きな、諦め。

皆さん、こんばんは(´▽`*)

今日は、月2の通院日でした。

大学病院へのセカンドオピニオンの相談をしに行きました。

私の考えでは、先生からのお勧めの先生がいるのかと思っていました。

答えはNoでした。

たど単に「セカンドオピニオン外来」に行くだけでした。

私は、北大関係に勤めていたことがあります。

「当たり」の先生もいれば、「ハズレ」もいます。

私的には、今まで仕事をしていた中でも、先生同士の繋がりで、「この先生なら!」という先生に繋いでくれてこそのセカンドオピニオンです。

一か八かをやる余裕は、体力的にありません。

先生には、やはりセカンドオピニオンは受けない旨伝えました。

先生に、本心を聞きました。

先生は、関節リウマチか、末梢型の脊椎関節炎を、疑っている。

その鑑別をしてもらいたかった。

でも……、

どちらにしても、治療は同じ。


今の治療がMAX、だそうです。


末梢型の脊椎関節炎は、リウマチより痛みが強いらしいです。


私は、「ステロイドパルス」「γグロブリン大量療法」のお願いをしてみました。

ダメでした。

ステロイドパルスは、内蔵病変がないとダメということでした。

骨壊死をおこして、人工関節になる、と。

私は言いました。

人工関節になったら、歩けるようになるでしょう?と。

でも、ダメでした。

先生は、たくさんたくさん説明していました。

医師としての説明。


私は言いました。


「私の仕事は、諦めることなのだと思います」


先生は、黙るしかないようでした。


先生には、どうしようもないから。


プレドニン30ミリを3日間だけ許可してくれました。


私は、前を向くために、諦めます。


諦めることができずに、その場に留まり、動けなくなる人もいます。


私は、キレイに諦めて、この身体で生きていきましょう。


たから誰も私に期待を与えることだけはやめて下さい。


静かに静かに、生活を充実させてください。


私は、静かに仕事をし、静かに本を読み、静かに時間を過ごします。


痛みで動けない日は、動きません。


それが私のやり方です。


私が土に還る日には、どうぞ栄養豊かな土壌に、薄く透ける蝶々が一匹飛びますように。


どうぞ私を、無駄に生かせないでください。


充実できる私で、終わらせてください。


日本の医学が、人の命に関して、もっともっと哲学的に考えられる日がきますように。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: おはようございます(*^_^*)

みほさん

コメントありがとうございます♡

セカンドオピニオンは、断りました。

私は、北大関係に勤めていましたので、内部が少しわかっています。

先生ご指定でないセカンドオピニオンに意味はないと判断しました。

そういうものに振り回されたくないのです。

私は、生きることに執着しません。

これは病気になる前からです。

周りが「早かった」と思っても、私は、もし、たとえ今でも、「十分生きた」と思っているのです。

私は、昨日の先生の口ぶりでは、関節リウマチではありません。

残念、誤診!!

生きたくて治療をしているのではないんです。

豊かに過ごすために治療をしているんです。

変な人ですよね〜。

死の恐怖が、不思議と薄い人間なんです。
昔から。

そして、医療にも過大な期待はしていません。

医療も人間のすることだから。

私は、自分の考えに、自分で責任をとりたいんです。
医者の責任にしたくない。

そんな感じなんです。

なので、セカンドオピニオンはやめました。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんばんは♪

きーちゃん、ちーちゃん

いつも優しいコメントをありがとうv-352

私は、現代医学ではどうも難しい病気のようだけれど、

それでも、気持ちだけは揺れること少なく、

充実して一日一日を過ごせたらな…と思っていますv-318

決して投げやりになっているわけではないのv-291

精一杯生きるからね!!

ありがとうねv-354
プロフィール

なな

Author:なな
36歳、女性です☆彡
2005年に謎の腰痛が半年間程出ましたが、その時は放っておき、そのまま治りました。
2009年、膠原病が発覚!!
大動脈炎症候群→線維筋痛症→脊椎関節炎→強直性脊椎炎→「非典型例・希少例の関節リウマチ」と診断をさまよい、現在は「非典型例・希少例の関節リウマチ」ということで治療しています。
関節症状意外の症状が多彩なため、敢えてリウマチと言わず、膠原病と表記することもあると思います(*^_^*)

今年(2015年)になってから、少なくとも過去4年間は「低γグロブリン血症」だったということが判明し、γグロブリン補充療法を受けています♡

またことし(2015年5月)に「網膜中心静脈閉塞症」という眼科の病気にもなりました。

3つの難病、しかもスレスレのところで特定疾患に認めてもらえないダブルパンチの毎日です。

外で通常の仕事をすることには、ドクターストップがかかったので、自営業をしながら、体調に合わせて働いています☆彡

そんな私の日常を皆様と共有できたら…、と思います。

どうぞよろしくお願いします(^-^)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR